◆7月20日(金)

終業式の日、3年生の体育大会実行委員が、体育大会のスローガンを発表しました。

スローガンは、

記録より 記憶に残せ 

我らの根性 半端ないって!

です。

全校生徒に募集したものをもとに、3年生の体育大会実行委員会で決定しました。

勢いが感じられるスローガン。実行委員会を中心に実現してくれることを期待しています!

 

 

◆7月18日(水)

学校づくり応援事業の一環で、関西大学教授 若槻健先生による学校訪問がありました。

大阪狭山市教育委員会によるこの事業は、学識経験者や専門家などを学校に招いて、外側から学校を観ていただき、評価や指導を受けて、よりよい学校づくりにつないでいこうとするものです。

若槻先生は、「学力格差の縮小をめざす学校づくり」が大切であるという考えに基づき、人権教育を基盤に様々な立場の子どもたちが成長し、社会に係わっていくための力を付けるための授業づくり、学校づくり、地域づくりを研究されています。この日は、全学年の教室を訪問していただいた後、今年度の本校の教育目標・指導計画・これまでの取組みの成果と課題などをお伝えしました。

若槻先生からは、「中学校は校内研修の文化が定着していない学校が多いが、狭山中学校は授業研究を中心に前進している。新しい学習指導要領に基づいて、学習活動全体をどう組み立て、どんな工夫をしていくかが学校づくりの鍵になる」とのお話と、他の中学校の先進的な取組みをご紹介いただきました。

市教委の本田アドバイザーは自身の校長経験に基づいて、「人権教育を土台とする学校づくりが、一人ひとりの子どものよさを引き出し、伸ばすことにつながる」とお話しいただきました。

アドバイスは教職員全員で共有し、取組みに活かします。次回は2学期に実施する予定です。

※写真は当日の授業風景と研究協議の様子です。

   

 ◆7月12日(木)

今日は大掃除の日です。全員で普段やらない机やいすの脚についたホコリを取った後、環境委員を中心に床へワックスをかけたりします。やりだしたら止まらないのが中学生でしょうか。とにかくがんばっていた生徒たちでした。

 

◆7月11日(水)

3年生は前日の車いすの乗り方などのお話を受けて、「私たちで作ろう、私たちのバリアフリー」というタイトルで、この日実際に車いすに乗って学校内を回りました。ほんの少しの段差も車いすにとっては「大きな壁」になることや、普段気にもならない少しの溝なども、押す方がいつも通りの感覚で押していると車輪がその溝に引っ掛かりこけそうになること、また階段昇降機も思いのほか、怖いことも実体験しました。今後は自分たちが気が付いたバリアを解消するためにも、壁新聞や映像でみんなに知らせたいと思っています。

   

 

  

  

 

 

 

◆7月10日(火)

朝礼で、新しい学習指導要領の実施に向けて、学習する内容が変わることを説明しました。

彼らは選挙権も18歳、成人年齢も引き下げられそうです。震災や豪雨などの備えも必要です。国際化がどんどん進み、日本語はもちろん外国語によるコミュニケーション力の育成も必要になってきました。

社会に出る10年後に活躍できる基本的なことを中学校でしっかり学んでほしいと思っています。

 

4時間目は、防犯教室を実施しました。これは毎年実施しているもので、黒山警察署から担当の方を招いて、さまざまな少年犯罪の具体と巻き込まれないための心構えをお話しいただきました。

楽しい夏休み、充実した夏休みを過ごしてくださいね。

 

6時間目 3年生は、車いすの使い方講習を開きました。各クラスに1名、大阪狭山市社会福祉協議会から5名の方に来ていただいて、車いすの使い方から乗る人の気持ちを考えるということなどについて、お話していただき、その後実技講習を行いました。車いすのステップに足を乗せる時、介助する人はどこに位置するかという問いかけに、「危険回避」だけでなく、乗る人の気持ちも考えることが必要という話などもしていただきました。実習では恥ずかしがりながらもがんばって取り組みました。

 

  

 

 

◆7月9日(月)

夏休みまで、あと10日となりました。今朝、門のところで立っていますと、線路側の畑から、楽しそうな声が聞こえてきます。5名の生徒が技術の時間に植えたナスに水やりをしていました。

そのとなりの植え込みですが…ソフトテニス部の生徒たちが、春先に部活動を見に行った時に、「校長先生、この木の中にボールが入って困っています。取ろうと思っても、木が生い茂りすぎて、たくさんボールがなくなっています」と訴えてきました。早速、市役所にお願いをして見に来てもらったところ、カイズカイブキの植え込みは剪定すると葉の質が変わってとがった状態になるし…と悩んでおられましたが、このたび大掛かりな整備をして、すっきり間引いでくださいました。これなら、テニスボールはなくならないですね。ボール探しの時間を練習に回して、がんばってほしいと思います。

 

◆7月4日(水)

放課後、全校で生徒合同委員会を開きました。学級、生活、環境、広報の各委員会の3年から1年までの委員が集まって話し合いをする場です。学級委員会ではカラー抽選(6/25)を行った後なので、カラー別のグループで行い、最初に自己紹介から、続いて1学期の取組みについて話し合いました。発表は3年生だけでなく、それぞれのグループで分担していました。最後にこれから前期終了まで、このカラーのメンバーでがんばる決意を発表して終わりました。 

   

 

期末テストが終わり、クラブ活動が再開しました。狭山中学校のいたるところに散らばって、一生懸命活動する生徒たちの様子を撮影しました。カメラを持って近づくと、「こんにちは」「ありがとうございます」と笑顔であいさつしてくれる生徒たちです。

     

◆7月2日(月)

今日は全校朝礼がありました。朝から日差しが強く、蒸し暑い体育館でしたが、さわやかに集合して真剣に話を聞く生徒たちです。そんな中、一年生の宿泊学習の報告がありました。初めての宿泊学習での成果に拍手が送られました。

 

水泳指導が始まりました。今日から一年生も狭山中学校のプールに入りました。

小学校は学年全体で2時間続けて入りますが、中学校はクラス単位の体育1時間です。

着替え、準備整理体操、シャワー・・・テンポを上げて、入水時間が長くなるように早くリズムをつかんで頑張ってほしいと思います。

 

6時間目は、1年生の交通安全教室が行われました。

黒山警察署や市役所から担当の方が来られ、交通安全のお話の後、事故の怖さを学ぶDVDを観ました。

昨日も中学生の交通事故に関するニュースがありました。

交通安全への意識を高め、事故に遭わないように最善を尽くしてほしいと思います。