8月5日(月)午後、狭山中校区『元気あっぷ研修会』を開催しました!

この研修会は、狭山中校区の各校園の代表が集まって、企画運営を行う研修会です。事前の準備に先生たちは何度も集まって、話し合いを行いました。

前半の全体会は、大阪教育大学の岡田耕治教授をお招きし、「あたたかい集団をつくるために」をテーマにご講演いただきました。大学で研究されている新しい教育課題に基づく内容と、ご自身の中学校教諭や大阪府教育委員会でのご経験に基づく具体的なお話は、とてもわかりやすく、すべての校種の「集団づくり」に必要な内容でした。

後半は、「人権教育」「支援教育」「生徒指導」「健康安全」「授業づくり」をテーマとし、校種を超えて実技やワークショップを交えた5つの分科会を行いました。各分科会には、岡田教授、市教委指導主事、市教委アドバイザーに入っていただきご助言いただきました。1月の狭山中学校「まるごとパック公開研究会」でも、中学校区の保幼小中学校の先生たちが集まります。今回の研修会に続いて継続的に情報交流を図り、連携を深めていきたいと考えています。

               

8月5日(月)全校登校日がありました。

久しぶりに、校舎内に生徒たちのにぎやかな声が響きました。全校一斉に平和学習に取り組むとともに、夏休み前半をふり返り、後半に備えました。夏休み後半も、安全に楽しく有意義な時間を過ごしてほしいと思います。